名護桜祭り!2019年のプログラムは?駐車場情報もどうぞ!

スポンサーリンク

冬まっただ中の1月・・・

まだまだ寒さが続く時期ではありますが、沖縄県では、早くも桜のシーズンを迎えます。

沖縄県の桜は、ソメイヨシノのような淡いピンク色ではなく、濃いピンク色をしている寒緋桜(カンヒザクラ)と呼ばれる品種の桜です。

寒緋桜は、例年、1月中旬頃~2月にかけて開花するのですが、それに合わせて各地では桜祭りが行われています♪

 

さて、今回ご案内する桜祭りは、本島北部の名護市で開催される名護桜祭りです!

毎年、1月下旬に行われている名護桜祭りでは、お花見を楽しむことができるだけでなく、ステージイベントなどもあり、大きな盛り上がりを見せています^^

 

スポンサーリンク

名護桜祭りについて

「日本の春は、ここからはじまる」をキャッチフレーズに開催されている名護桜祭りは、2019年で57回目を迎えます。

今では、名護市の様々な場所に立派な寒緋桜が咲き誇っていますが、元々自生していたものではありませんでした。

どのようにして広まっていったのかというと、明治35年(1902年)に県立農学校が建てられた際、寒緋桜の苗木が民家や公共施設に配られことによって普及していったとされています。

また、桜の名所として知られる名護城(なんぐすく)の寒緋桜は、大正初期頃に地元の青年団の人たちが植えたことが始まりとなっています。

 

当初、沖縄ではあまりお花見の習慣はなく、開花の時期を迎えても、桜を花瓶に入れて旧正月を祝う程度でした。

が・・

次第に、名護城を中心にいたるところで桜が増えていき、昭和30年(1955年)頃には、たくさんの人たちがお花見を楽しむようになりました。

そして、昭和37年(1962年)に第1回名護桜祭りが開催されるようになりました。

 

現在の名護桜祭りは、名護中央公園・名護城公園、名護十字路大通り、名護漁港などで行われています。

名護城公園には寒緋桜が約2kmも続いている遊歩道があり、県内最大級の規模を誇る花見の名所と言われていて、桜の名所100選にも選ばれています。

例年、10万人以上が足を運ぶ名護桜祭りは、地元の人たちにはもちろん!県外の人たちにも愛されているお祭りなんです♪

 

名護桜祭り!2019年のプログラム!

2019年の名護桜祭りは、1月26日(土)・27日(日)の2日間に渡って開催されます。

お祭り期間中は、パレードや音楽ライブなど、様々な催しが行われます^^

以下に、各日のプログラムをまとめましたのでご覧ください。
 ※プログラムは、変更になる場合もあります。

◎注意!
 以下の情報は、2018年の情報を基に作成しています。

  • 各日のプログラム
  • その他の催し
  • 駐車場
  • 周遊バス
  • 交通規制

 2019年の情報が公開され次第、修正・追加いたしますので予めご了承ください。

1月26日(土)

[パレード行事]

☆小・中学校ブラスバンドパレード
 [時間] 13:00~
 [場所] ファミリーマート大西通り店前~博物館前

 名護桜祭りの横断幕を先頭に、市内の小・中学校の生徒さんたちによるブラスバンドパレードが賑やかに行われます。

 迫力のあるバンド演奏と見事な旗振りは、多くの観客たちを魅了します。

 

☆婦人会踊りパレード
 [時間] 14:00~
 [場所] ファミリーマート大西通り店前~博物館前

 ブラスバンドパレードの後は、名護市婦人会の人たちによるパレードです♪

 

[お祭り広場特設ステージ]

☆エイサー
 [時間] 13:00~

 あすなろ東保育園の園児たちによるエイサーが披露されます。

☆MCタイム
 [時間] 13:20~

☆ライブ(ビールーム)
 [時間] 13:25~

☆ハワイアンフラ
 [時間] 14:00~

☆雪の贈呈式
 [時間] 14:25~

☆第8代 名護がじゅまる王子選出大会
 [時間] 14:40~

 毎年恒例となっている、がじゅまる王子選出大会は、名護市を盛り上げるため、市内外で開催される様々なイベントに参加し名護の魅力をPRしてくれる男性を決める大会となっています。

 がじゅまる王子は、一般応募から書類選考を通過した人たちの中から3名が選ばれ、1年間PR活動を行います。

☆第34回 二見情話大会
 [時間] 15:50~

 全国的にも有名な「二見情話」は、名護市二見が発祥の地となっている民謡です。

 約70年前に作られた二見情話は、恋の歌でもあり、平和の祈りが込められている歌でもあります。

 二見情話大会には、毎年約20組ほどの男女ペアが参加しており、三線を演奏しながら二見情話を披露してくれます♪

☆ライブ(伊舎堂 さくら)
 [時間] 17:50~

☆ライブ(平 義隆)
 [時間] 18:40~

☆ライブ(ゲストライブ)
 [時間] 19:20~

 

1月27日(日)

[パレード行事]

☆仮装行列
 [時間] 13:00~
 [場所] ファミリーマート大西通り店前~博物館前

 2日目には、名護桜祭り最大の見どころである仮装行列が行われます!

 御神輿や鼓笛隊、バトン隊を先頭に、市内外の企業、団体、個人などが華やかな衣装を着て、パフォーマンスを披露します。

 踊りながら太鼓を演奏したり、三線を弾きながら歌を歌ったり、エイサーを踊ったり・・・

 各グループによって披露されるものは様々で、会場は多くの観客たちで大盛り上がりです。

☆踊りくゎでぃさー
 [時間] 16:00~
 [場所] ファミリーマート大西通り店前~博物館前

 琉球舞踊「四つ竹」に用いられている踊りくゎでぃさー(踊りくわでさ節)は、1404年から続く伝統的な舞です。

 両手に2枚ずつ竹方を持ち、カスタネットのように音を出す楽器(四つ竹)を使いながら踊りくわでさ節の曲に合わせて優雅に踊ります^^

 沖縄ならではの踊りを、どうぞお見逃しなくっ!

 

[お祭り広場特設ステージ]

☆しまくとぅば(泉&やよい)
 [時間] 13:00~

☆MCタイム
 [時間] 14:05~

☆オカリナアンサンブル
 [時間] 14:20~

☆ライブ(シューベルトまつだ)
 [時間] 14:45~

☆桜の女王 お披露目
 [時間] 15:15~

☆歌謡ショー
 [時間] 15:35~

☆民謡
 [時間] 17:15~

☆ストリートダンス
 [時間] 17:55~

☆ライブ(ヤンバラー宮城)
 [時間] 18:35~

☆ライブ(Mr.KINJO)
 [時間] 19:15~

☆民謡ライブ
 [時間] 19:35~

☆ライブ(アイモコ)
 [時間] 20:25~

 

その他の催し

パレードやステージイベント以外にも、楽しい催しはまだまだあります!!

どのような催しがあるのか?を簡単にご紹介いたします。

 

☆トランジットモールの催し
 [日時] 1月27日(土)28日(日)11:00~20:30
 [場所] 名護大通り

 トランジットモールとは、市民の方々が自由に催しを行い地域活性化に繋げる事業のことです。

 名護十字路の区間を2つに分けて実施し、

  • 氷の彫刻大会
  • ストリートダンス
  • アマチュアバンド
  • のど自慢大会
  • 名護桜太鼓

 といった催しを行います。

☆なんぐすく花見健康ウォーク
名護城公園内や史跡など、約3kmの道のりをのんびりとウォーキングする「なんぐすく花見健康ウォーク」は、桜だけでなく名護城跡の見学などもあるので、地域の自然と歴史に触れることができます。

ウォーキングの後は、温かいぜんざいが提供されたり、名護青少年の家にある大浴場に入ることができます^^

[なんぐすく花見健康ウォークの詳細]

◎日時 
 2018年1月28(日)09:00~

◎集合場所
 名護城公園南口広場

◎参加費
 無料

◎対象
 一般:30名程度(小学生以上)

◎募集期間
 2018年1月28日(日)まで
  ※当日受付可

◎申し込み方法
 電話受付(Tel:0980-52-2076)

☆マグロの解体ショー
 [日時] 1月28日(日)13:00~
 [場所] 名護漁港内水産物直売所前

 中々見ることができない豪快なマグロの解体ショー♪

 

 解体したマグロは無料配布されますので、足を運んでみてはいかがでしょう^^

☆花の里ガーデンフェスタ
 [日時] 1月26日(金)~28日(日)09:00~18:30
 [場所] 名護漁港

 花木や花苗、園芸資材などが展示・販売されたり、花の講習会が行われます。

☆ライトアップ
 [日時] 灯篭→1月20日(土)~28日(日)18:00~22:00
     光文字→1月7日(日)~2月1日(木)18:00~24:00
 [場所] 名護城公園・名護中央公園

 名護城公園は、夜になると提灯の明かりが灯り、幻想的な世界へと変わっていきます。

 また、20年以上の歴史がある光文字の点灯もとってもキレイです。

 光文字は、毎年その年の新成人たちによって一文字の漢字が灯されるのですが、約50mもあります。

 前回(2018年)の名護桜祭りでは「親」の文字が光り輝きました^^

 

名護桜祭りへのアクセスと駐車場情報!

ここからは、名護桜祭りのアクセス駐車場についてご案内いたします。

まずは、会場となる名護中央公園・名護城公園(赤)、名護十字路大通り(青線)、名護漁港(緑)の場所を地図でご確認ください。

☆車をご利用の場合
 沖縄自動車道「許田IC」→国道58号線→名護漁港(約15分)

☆バスをご利用の場合
 那覇空港よりバス乗車(約2時間)→「名護城入口」下車(徒歩約10分)→名護十字路大通り(メインストリート)

 

駐車場は、名護漁港に約100台ほど設けられ、無料で駐車することができます。

ただし、駐車場は人気なため混雑しますから、車で行こうとお考えなのであれば、早めの行動を心がけるようにしましょう^^

 

周遊バスが運行します!

「名護漁港」「なごアグリパーク」からは、名護城公園天上展望台まで運んでくれる周遊バスが運行されます^^

徒歩で行くとなると約30分ほどかかってしまいますので、ぜひご利用ください♪

☆運行期間
 2018年1月27日(土)28日(日)
 ※雨天決行

☆運行時間
 12:00~17:00(2台のバスが常に運行しています)

☆運行ルート
 名護漁港駐車場⇔名護城公園天上展望台
 名護城公園天上展望台⇔なごアグリパーク

 

交通規制について

お祭り期間中は、会場周辺に交通規制が敷かれます。

規制場所と時間については、以下をご覧ください^^

☆規制場所
 A)名護博物館前~ファミリーマート大西通り店前
 B)大南交番前~ファミリーマート大西通り店前
 C)ヒンプンがじゅまる(あなだ橋)~幸地川橋(東江中入口)~名護城入口

☆規制時間
 A)両日11:00~21:00
 B)1月28日(日)11:00~17:00
 C)両日11:00~21:00

大南交番前~ファミリーマート大西店間は、最終パレード出発後に規制が解除されます。

2019年の交通規制情報が発表されましたら、修正するとともに、この部分に交通規制図を置きますので、少々お待ちください。

 


 

濃いピンク色の可愛らしい花を咲かせる寒緋桜・・

この桜は、下向きに花を咲かせますので、覗き込むようにして写真を撮るとキレイに撮影することができます☆

そうそう!

名護中央公園の丘には展望台があるのですが、ここからは名護の街や東シナ海の絶景を一望することもできちゃいます。

名護桜祭りに足を運んだ際はぜひ!この場所にも立ち寄ってみてください♪

 

◎参考
 沖縄の寒緋桜(カンヒザクラ)で花見を満喫/たびらい

 

スポンサーリンク
お祭り
スポンサーリンク
ゆうをフォローする
日々の気になる豆知識メモ!

コメント