真壁のひな祭り!2019年の日程は?アクセスや駐車場情報も!

スポンサーリンク

茨城県桜川市にある真壁町・・

江戸時代初期頃に造られたとされる町で、県内初の重要伝統的建造物群保存地区に指定された場所として有名となっています。

町内には、今もなお土蔵や門などの建物が残されていて、国の登録有形文化財建造物に選ばれている建物の数は100以上です!

 

そんな、歴史的町並みが広がる真壁町では、毎年2月に入ると真壁のひな祭りが開催されます。

お祭り期間中は、町中に可愛らしいお雛様がたくさん飾られ、10万人以上の人たちで賑わいます♪

 

スポンサーリンク

真壁のひな祭りについて

真壁のひな祭りは、平成15年(2003年)から開催されているお祭りで、

「寒い時期に、真壁の町へ足を運んでくれる人たちをおもてなしたい!」

という住民の声がきっかけとなり、古くから真壁の家々に伝わるお雛様が、町内に飾られるようになりました。

 

お雛様の飾り付けは、当初、住民有志たちが数十人で行っていましたが、その姿を見た他の住民たちも自然と手伝うようになり、合わせて40軒ほどの建物にお雛様が飾られました。

自主的に皆が協力してくれたことに大変感動した有志たちは、「お雛様を通して、人の和や和の文化が広がってほしい」という思いから、真壁のひな祭りのことを「和の風」と名付けたのです。

2回目の開催では、お雛様を飾る家やお店が90軒に増え、5万人以上もの人たちで盛り上がりました。

それ以降も、回数を重ねていくごとに真壁のひな祭りへ訪れる人たちは増えていき、今では約180軒もの家々やお店にお雛様が飾られています。

 

ちなみに・・

真壁のひな祭りでは、お祭りの回数を「回」ではなく「章」と呼んでいるのですが、これは、お雛様を飾る人や真壁に訪れる人が増えていくことに対し「物語」を感じた有志たちによって決められたものになります。

 

真壁のひな祭りの特徴

真壁のひな祭りの特徴は、何と言ってもおもてなしの心です。

お雛様を飾る真壁の人たちは、足を運んでくれた人たちに喜んでもらいたい!という気持ちを持っている方が多く、お雛様を売ることよりも、観光客との出会いや会話を大切にしています。

中には、のんびりお雛様を見てほしいという思いから、お茶や甘酒などを振る舞うところもあり、真壁に住む人たちの心のあたたかさを感じます。

真壁のひな祭りは、飾ったお雛様をただ見てもらうというものではなく「一人一人が主役となって皆が楽しむこと」を目的としたお祭りなのです。

 

真壁のひな祭り 2019年の日程!

◎開催日
 2019年2月4日(月)~3月3日(日)

◎開催時間
 09:30頃~16:00頃

◎会場
 茨城県桜川市真壁町市街地

◎料金
 観覧無料

◎会場マップ
 「真壁のひな祭りマップ」
 ※2019年版のマップが公開されましたら、リンク先を差し替えいたします。

◎公式サイト
 「茨城県公式観光情報サイト」

◎お問い合わせ
 Tel:0296-55-1159(桜川市商工観光課)

 

真壁のひな祭り開催中はお雛様の展示に加え、様々な催しも行われます♪

ここでは、主な催しをご紹介いたします^^

◎注意!
 以下の情報は、現在、2018年の情報となっています。

  • 主な催し
  • 臨時バス情報
  • 駐車場
  • 交通規制

 2019年の情報が公開され次第、修正・追加いたしますので予めご了承ください。

主な催し

☆「うまかべすいとん」試食会
 [開催日時] 2月4日 11:00~
 [会場] 旧真壁郵便局東側

 300食限定で、美味しい「すいとん」が振舞われます♪

 あれ?

 もしかして、どうしてすいとんなの?と思いました?

 すいとんは、真壁町の郷土料理となっていて、「うまかべすいとん」というネーミングで町おこしPRを行っています。

 

 すいとんの味は1種類ではなく、すまし汁風のものや田舎風のものなど様々な種類があり、真壁産の食材が使用されています。

 商工会やボランティアの方たちが愛情を込めて作った「うまかべすいとん」を食べたら、身も心も温まること間違いなしです☆

☆絵手紙展
 [開催日時] 2月4日~3月3日
 [会場] 川島書店

☆切り絵展
 [開催日時] 2月4日~3月3日
 [会場] 若松屋

☆神社庁写真展
 [開催日時] 2月8日~28日
 [会場] 旧真壁郵便局2階

☆人形浄瑠璃真壁白井座
 [開催日時] 2月18日 11:00~、13:30~
 [会場] 真壁伝承館ホール

 江戸時代から真壁町白井地区に伝わる人形浄瑠璃が、真壁伝承館ホールで披露されます。

 三味線の演奏、息ぴったりの人形芝居、そして独特な節回しで語られる浄瑠璃は、見る人の心を惹き付けます。

☆真壁藍保存会作品展
 [開催日時] 2月19日~3月3日
 [会場] 真壁伝承館市民ロビー

☆和の風流し雛
 [開催日時] 3月1日 11:00頃~
 [会場] 山口川

 真壁のひな祭りを締めくくる和の風流し雛!

 折り紙で作ったひな人形を山口川へと流す毎年の恒例行事です。

 元々は住民有志たちが行っていた和の風流し雛も、今では地元の小学6年生たちが企画・実施しており、卒業記念行事として受け継がれ続けています。

 

真壁のひな祭りへのアクセス

ここからは、真壁のひな祭りへのアクセスをお届けいたします。

真壁のひな祭りの会場は、真壁町市街地一帯となっていますが、この記事では「桜川市役所真壁庁舎」までのアクセスをご案内させていただきます。

桜川市役所真壁庁舎の場所は、こちらです^^

車をご利用の場合

☆東京方面から
 「三郷IC」→常磐自動車道(約30分)→「土浦北IC」→県道199号線、42号線、150号線経由(約35分)→「桜川市役所真壁庁舎」

 「三郷IC」→常磐自動車道(約45分)→「友部JCT」→北関東自動車道(約15分)→「桜川筑西IC」→県道41号線経由(約20分)→「桜川市役所真壁庁舎」

☆いわき方面から
 「いわき中央IC」→常磐自動車道(約1時間)→「友部JCT」→北関東自動車道(約10分)→「笠間西IC」→国道50号線、県道41号線経由(約30分)→「桜川市役所真壁庁舎」

☆宇都宮方面から
 「宇都宮上三川IC」→北関東自動車道(約15分)→「桜川筑西IC」→県道41号線経由(約20分)→「桜川市役所真壁庁舎」

 

公共交通機関をご利用の場合

☆東京方面から
 「秋葉原駅」(つくばエクスプレス快速 つくば行・約45分)→「つくば駅」(3番乗り場「つくバス」乗車・約50分)→「筑波山口」バス停下車(桜川市バス乗車・約20分)→「桜川市真壁庁舎」バス停下車(徒歩すぐ)→「桜川市役所真壁庁舎」

 「東京駅」(JR新幹線 仙台行・約40分)→「小山駅」(JR水戸線 友部行・約25分)→「岩瀬駅」(桜川市バス乗車・約25分)→「桜川市役所真壁庁舎」バス停下車(徒歩すぐ)→「桜川市役所真壁庁舎」

☆いわき方面から
 「いわき駅」(JR特急 品川行・約1時間5分)→「水戸駅」(JR常磐線 土浦行・約15分)→「友部駅」(JR水戸線 小山行・約20分)→「岩瀬駅」(桜川市バス乗車・約25分)→「桜川市役所真壁庁舎」バス停下車(徒歩すぐ)→「桜川市役所真壁庁舎」

☆宇都宮方面から
 「宇都宮駅」(JR宇都宮線(上野東京ライン)小田原行・約25分)→「小山駅」(JR水戸線 友部行・約40分)→「岩瀬駅」(桜川市バス乗車・約25分)→「桜川市役所真壁庁舎」バス停下車(徒歩すぐ)→「桜川市役所真壁庁舎」

☆仙台方面から
 「仙台駅」(JR新幹線 東京行・約1時間30分)→「小山駅」(JR水戸線 友部行・約40分)→「岩瀬駅」(桜川市バス乗車・約25分)→「桜川市役所真壁庁舎」バス停下車(徒歩すぐ)→「桜川市役所真壁庁舎」

☆大宮方面から
 「大宮駅」(JR湘南新宿ライン快速 宇都宮行・約40分)→「小山駅」(JR水戸線 友部行・約40分)→「岩瀬駅」(桜川市バス乗車・約25分)→「桜川市役所真壁庁舎」バス停下車(徒歩すぐ)→「桜川市役所真壁庁舎」

 

真壁のひな祭り 臨時バス情報

真壁のひな祭り期間中は、つくば駅から会場付近まで送ってくれる臨時バスが運行されます。

市バスを利用すると、1度バスを乗り換えする必要がありますが、臨時バスであれば乗り継ぎなしで行くことができます♪

ただ、運行日は毎日ではありませんので、ご注意ください。

臨時バスの詳細については、以下の通りです^^

 

◎運行日
 2018年2月17日(土)18日(日)24日(土)25日(日)
    3月3日(土)

◎運行ルート
 つくば駅~高上町駐車場

◎運行時間
 行き:つくば駅発→09:30、10:00、10:30
 高上町駐車場着→10:20、10:50、11:20

 帰り:高上町駐車場発→13:30、14:30、15:30
 つくば駅着→14:20、15:20、16:20

◎料金
 片道:幼児無料、子ども500円、大人1,000円
 往復:幼児無料、子ども1,000円、大人2,000円

◎乗車券販売場所
 関鉄つくば学園営業所(つくば駅前BMつくば1階)

 

市バスの時刻表や臨時バス情報の詳細は、こちらからご確認いただくことができます。
「市バスの時刻表・臨時バス情報の詳細」

 

真壁のひな祭りの駐車場は?

真壁のひな祭りでは、会場周辺に10ヶ所以上の有料・無料駐車場が設けられます。

どの駐車場もとても人気で、特にお祭り期間中の土日は混雑しますので、車で会場まで行こうと思っている方は早めの行動を心掛けるようにしましょう^^

加えて、当日の状況によっては、一部駐車場が利用不可になる場合もありますので要注意です。

 

有料駐車場

☆高上町駐車場(赤)

  • 駐車台数:65台
  • 住所:茨城県桜川市真壁町真壁279-1
  • 利用可能日:一般車両→2月4日~2月17日
          バス専用(一般車両不可)→2月18日~3月3日
  • 料金:普通車500円、マイクロバス1,000円、大型バス2,000円
       ※バスの駐車は、事前予約制となっています。

☆有料駐車場①(青)

  • 駐車台数:約70台
  • 住所:茨城県桜川市真壁町亀熊
  • 料金:200円

☆有料駐車場②(緑)

  • 駐車台数:80台
  • 住所:茨城県桜川市真壁町亀熊
  • 料金:200円

☆有料駐車場③(紫)

  • 駐車台数:100台
  • 住所:茨城県桜川市真壁町田62-1
  • 料金:200円

無料駐車場

☆真壁体育館駐車場(オレンジ)

  • 駐車台数:70台
  • 住所:茨城県桜川市真壁町古城

☆真壁小学校付近の駐車場(黄)

  • 駐車台数:50台
  • 住所:茨城県桜川市真壁町田

☆葬祭会館蓮華真壁付近の駐車場(茶)

  • 駐車台数:80台
  • 住所:茨城県桜川市真壁町飯塚1027

☆桜川市役所真壁庁舎駐車場(グレー)

  • 駐車台数:70台
  • 住所:茨城県桜川市真壁町飯塚911
  • 利用可能日:お祭り期間中の土日祝日

☆真壁福祉センター駐車場(黒)

  • 駐車台数:100台
  • 住所:茨城県桜川市真壁町山尾604-1
  • 利用可能日:お祭り期間中の土日祝日

 

各駐車場の場所については、地図でご確認ください。

アイコンの色は、駐車場名の後にあるカッコ書きの色になります。

真壁のひな祭り 交通規制情報!

真壁のひな祭り期間中は、会場周辺に交通規制が敷かれます。

前回(2018年)は、以下の日時と場所で規制が行われていました。

☆規制日
 2018年2月11日(日)12日(月・祝)17日(土)18日(日)24日(土)25日(日)
    3月3日(土)

☆規制時間
 10:30~15:30(車両通行禁止)

☆規制場所
 真壁伝承館周辺、商工会真壁事業所周辺、旧真壁郵便局周辺の道路

交通規制については地図で確認したい!という方は、こちらに2018年の交通規制図を置いておきますので参考にされてください^^
「真壁のひな祭り2018年!交通規制図」
 ※2019年の情報が発表されましたら、リンク先を差し替えいたします。

 


 

真壁のひな祭りで飾られているお雛様は、現代のものから江戸時代のものまであり様々です。

中でも、橋本旅館の2階に飾られている「享保雛」は、なんと!300年以上前に作られたもので、国内で2番目に古いお雛様と言われています。

その他にも、大正や昭和に作られたものもあり、その時代によって異なる形のお雛様を見ることができます。

真壁の歴史に触れながら、あなただけのお気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか♪

 

◎参考
 真壁のひなまつりとは/桜川市観光協会

 

スポンサーリンク
お祭り
スポンサーリンク
ゆうをフォローする
日々の気になる豆知識メモ!

コメント