熱田祭り 2018年の日程はココ!花火情報は?駐車場は?

スポンサーリンク

愛知県名古屋の熱田区にある熱田神宮

この神社では、毎年6月になると熱田祭りが盛大に開催されます。


 

熱田祭りは、熱田神宮の例祭として行われており、別名「尚武祭(しょうぶさい)」と呼ばれています。

例年、このお祭りには、約25万人以上の人たちが足を運んでいて、会場は大盛り上がりです♪

 

そんな、名古屋に少しだけ早く夏の訪れを告げるお祭りが今年も行われます^ ^

スポンサーリンク


熱田祭りの概要

熱田神宮では、年間、約70もの行事が行われているのですが、その中でも熱田祭りは最も重要かつ荘厳な行事です。

というのも、熱田祭りは、天皇陛下のお使いとされる勅使(ちょくし)が参向するお祭りで、格式高いものとなっています。

熱田神宮の本宮にて行われる神事では、厳粛な雰囲気の中で宮司が祝詞を述べた後、勅使が御幣物を奉納したり御祭文を奏上し、皇室の弥栄国の繁栄を祈願します。


 

一方、境内では、

  • 弓道や相撲などの武道大会
  • のど自慢コンクールやフラダンスといった演芸大会
  • 献茶祭、献花式、熱田神楽等の神事
など様々な行事が行われ、大賑わいです♪

特に注目していただきたいものといえば、熱田神宮の東門、西門、南門にある献灯まきわらです。

献灯まきわらは、台の上に365個の提灯を半球状に飾り付けしたものになります。

365個というのは、1年間の日数を表しており、その上に立てられている竿には1年間の月を表す12個の提灯も付いています。

夜になると、提灯には暖かな明かりが灯り、献灯まきわらの奉納が行われるのですが、その光景はとても幻想的です。

その他にも、まきわら神輿子ども獅子が奉納されたり、花火の打ち上げが行われますので、どうぞお楽しみに^^

 

ちなみに・・

名古屋では、古くから熱田祭りの日から浴衣を着るという風習があるんです♪

なので、この日のために浴衣を新調するという方も少なくありません。

熱田祭りは、夏の訪れを告げるお祭りである

そう言われているのは、この風習があるからなのではないかな?と思います^ ^

 

熱田祭り!2018年の日程

熱田祭りは、毎年6月5日に行われています。

2018年の開催は、6月5日(火)です。

また、前日の4日(月)には、前夜祭としてフラダンスやのど自慢コンクール、舞踏といった演芸が行われたり、たくさんの出店が登場します♪

ここでは、本祭となる5日(火)の日程をご紹介いたします^^

 

6月5日(火)

☆演芸
 [時間] 13:00〜20:30
 [場所] 文化殿

 13:00頃より、舞踊、民謡、剣舞、詩吟、フラダンスなどの演芸奉納が行われます。

 そして、18:00頃からは新次郎太鼓、神宮太鼓教室の奉納が始まり、19:00頃には、前日に行われた素人のど自慢大会の予選を勝ち進んだ方たちによる決勝戦が行われます。

☆弓道
 [時間] 09:00〜16:00
 [場所] 国旗掲揚塔前広場

☆柔道
 [時間] 11:00〜
 [場所] 文化殿

 柔道高段者たちによる模範演武が行われます。

☆献茶祭
 [時間] 10:30〜
 [場所] 神楽殿、茶席

☆献花式
 [時間] 14:00〜
 [場所] 神楽殿

☆棒の手
 
[時間] 13:00〜
 [場所] 拝殿前

☆熱田神楽
 [時間] 18:00〜
 [場所] 大楠南

 熱田神楽は、尾張地方と三河西部を中心として、太鼓を用いて披露される曲のことです。

 この祭りでは、熱田神楽保存会の方たちが熱田神楽を奉納します。

☆尾張新次郎太鼓
 [時間] 18:00〜
 [場所] 祈祷殿前

☆献灯まきわら奉納
 [時間] 17:30〜20:30
 [場所] 東門、西門、南門

 東門・西門にそれぞれ2基、南門に1基ある献灯まきわらに提灯の明かりが灯り献灯まきわら奉納が行われます。

 この献灯まきわら奉納は、1年間の無病息災を願って行われるものになります。

☆巻きわらみこし
 [時間] 17:35~18:55
 [場所] 差参道・拝殿前

☆子ども獅子
 [時間] 終日
 [場所] 境内

日程の詳細については、こちらからもご確認いただくことができます^^
「熱田祭り2018 奉納行事表」

 

花火の打ち上げについて

名古屋市内で最も早く開催される花火大会

もしかしたら、熱田祭りと言えばやっぱり花火でしょ!という方も多いのではないでしょうか^^


 

花火の打ち上げは、

  • 音玉:09:30~10:10
       18:30~18:45
  • 色玉:19:40~20:30
となっており、打ち上げ数は約1,000発!

名古屋の夜空に広がる美しいをお見逃しなくっ☆

 

そうそう!

花火の打ち上げ場所は神宮公園となっているのですが、打ち上げ中は、神宮公園内が立ち入り禁止となりますので、ご注意ください。

また、花火は熱田神宮の境内からは見えませんので、移動する必要があります。

オススメの観覧スポットは、

  • 白鳥公園(赤)
  • 名古屋国際会議場付近(青)
  • イオンモール熱田(緑)
の3ヶ所ですが、どの場所もたくさんの人たちで賑わいますから、なるべく早めの行動を心掛けるようにしましょう^^

 

それぞれの観覧スポットの場所については、以下をご覧ください。

アイコンの色は、各観覧スポット名の後にあるカッコ書きの色になります。



 

熱田祭りへのアクセス

さて、ここからは熱田祭りへのアクセスについてお届けいたします。

まずは、熱田神宮(赤)と神宮公園(青)の場所を地図でご確認ください^^

 

アイコンの色は、会場名の後にあるカッコ書きの色になります。



ここでは、熱田神宮までのアクセスをご案内いたします。

 

車でお越しの場合

☆東京方面から
 東名高速道路→「豊田JCT」→伊勢湾岸自動車道→「名古屋南IC」→名古屋高速→「呼続出口」→国道1号線経由(約5分)→「熱田神宮」

☆大阪方面から
 名神高速道路→「小牧IC」→名古屋高速→「堀田出口」→国道1号線経由(約5分)→「熱田神宮」

☆伊勢方面から
 伊勢自動車道→「関JCT」→東名阪自動車道→「名古屋西JCT」→名古屋高速→「白川出口」→国道19号線経由(約10分)→「熱田神宮」

☆中部国際空港(セントレア)から
 セントレアライン→「半田中央JCT」→知多半島道路→「名古屋南IC」→名古屋高速→「呼続出口」→国道1号線経由(約5分)→「熱田神宮」

 

電車でお越しの場合

☆東京方面から
 「東京駅」(JR新幹線 新大阪行・約1時間40分)→「名古屋駅」(徒歩約5分)→「名鉄名古屋駅」(名鉄名古屋本線特急 中部国際空港行・約6分)→「神宮前駅」(徒歩約3分)→「熱田神宮」

☆大阪方面から
 「新大阪駅」(JR新幹線 東京行・約50分)→「名古屋駅」(徒歩約5分)→「名鉄名古屋駅」(名鉄名古屋本線特急 中部国際空港行・約6分)→「神宮前駅」(徒歩約3分)→「熱田神宮」

☆伊勢方面から
 「伊勢市駅」(近鉄山田線特急 近鉄名古屋行・約1時間30分)→「近鉄名古屋駅」(徒歩約3分)→「名鉄名古屋駅」(名鉄名古屋本線特急 中部国際空港行・約6分)→「神宮前駅」(徒歩約3分)→「熱田神宮」

☆中部国際空港(セントレア)から
 
「中部国際空港駅」(名古屋空港線ミュースカイ 名鉄名古屋行・約20分)→「神宮前駅」(徒歩約3分)→「熱田神宮」

 

熱田祭りの駐車場は?

熱田祭りでは、専用の駐車場は設けられませんので、周辺の有料駐車場に停める必要があります。

ここでは、会場から近い有料駐車場を3つご紹介いたします。

 

☆名鉄協商パーキング 神宮前第4(赤)
  • 駐車台数:23台
  • 住所:愛知県名古屋市熱田区神宮3-4
  • 営業時間:24時間
  • 料金:08:00~24:00 30分100円
       24:00~08:00 60分100円
       最大料金 入庫後24時間まで1,600円
☆タイムズコジマ×ビックカメラ熱田店(青)
  • 駐車台数:305台
  • 住所:愛知県名古屋市熱田区大宝2-4
  • 営業時間:24時間
  • 料金:60分100円
       最大料金 400円
☆名鉄協商パーキング 神宮西口(緑)
  • 駐車台数:440台
  • 住所:愛知県名古屋市熱田区神宮3-6
  • 営業時間:07:00~22:00
  • 料金:60分300円
お祭り期間中は、熱田神宮の駐車場は利用することができませんので、お気を付けください。

 

駐車場の場所については、以下の地図をご覧いただければと思います^^

アイコンの色は、駐車場名の後にあるカッコ書きの色になります。



 

熱田祭り 交通規制情報!

熱田祭り開催中は、会場周辺に交通規制が敷かれます。

2018年は、以下の場所と時間で規制が行われます。

☆6月5日(火)

[規制場所]
 A)熱田神宮周辺、熱田駅前
 B)熱田神宮南門前道路
 C)熱田神宮公園周辺一帯道路
 D)熱田神宮公園内
 E)白鳥橋~御陵橋
 F)熱田記念橋
 G)神宮公園前歩道橋、旧区役所前歩道橋
 H)西高蔵信号~名古屋国際会議場北信号

[規制時間]
 A)17:00~21:30(通行禁止)
 B)09:00~21:30(歩行者専用道路)
 C)18:00~21:30(通行禁止)
 D)09:00~10:30、14:00~21:30(立ち入り禁止)
 E)18:00~21:30(歩行者専用道路)
 F)14:00~21:30(通行禁止)
 G)19:35~20:30(通行禁止)
    ※神宮公園前歩道橋は、19:00~23:00まで通行禁止となります。
 H)18:00~21:30(駐停車禁止)

その他にも、旗屋町交差点~白鳥橋東交差点が車両通行禁止になったりします。

 

交通規制については地図で確認したい!という方は、こちらに2018年の交通規制図を置いておきますので参考にされてください^^
「熱田祭り2018年の交通規制図」



熱田祭りのもう一つのお楽しみ・・・

それは、お祭り屋台の出店です♪

屋台が出店する時間は、4日の14:00~20:30頃と5日の08:00~20:30頃までとなっています。

神宮参道その周辺にズラリと立ち並ぶ屋台の数なんと!約250店です。

花火や伝統行事もいいけど、屋台巡りもしたい!

そんな楽しみ方があってもいいのではないでしょうか^^

 
◎参考
例祭(熱田まつり)/熱田神宮

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ